お金を借りる金利安いおすすめはどこなのか?

お金を借りるならズバッと即日融資おすすめで!

お金を借りるならどこがおすすめなんでしょうか?すぐにでも借りれるカードローンがやはり一番人気っですが、そのカードローンもいくつもあり、正直初めて借りる人は、それぞれのカードローンは何が違うのか、全く分からないと思います。

 

カードローンの種類は多いのですが、それぞれに違いがあり、適当に申込みすると、後から後悔する人が多いのです。本当は即日融資可能だと思って申込みしたが、審査結果のときに即日融資はできないと言われた人は意外に多いのではないでしょうか?

 

そこで、初めての人や、まだあまりお金を借りたこと無い人向けに、お金を借りる分かりやすい情報サイトを作ろうと思いました。

 

タイトルは、「お金を借りるならズバッとおすすめで!」。これは、お金を借りたいと思ったときにズバッと心に刺さる、あなただけのおすすめが分かるサイトにしたいと思って、タイトルにしました。

 

お金を借りたい人は、当サイトでおすすめを是非選んでください!

お金借りる時の審査項目って、何を調べられるのか?

お金を借りるときの審査って、どんなことを調べるのか?これについては、他のカードローンと正直同じ審査をしています。

 

簡単に一般的なお金を借りるときの審査項目を説明します。

名前と生年月日から過去に申込歴の有無を調べる

まず、過去に申込があったのか、無いのか、融資をした事があるのか、無いのかを調べます。これは、過去に融資をしていたのなら、その時の取引状況を見るためです。
お金を貸して、きちんと返済してくれるかどうかの判断基準となる、最も分かり易い材料は過去の取引なのです。もし、過去の取引で延滞ばかりしていたのなら、審査はマイナス評価となり、仮に一度も遅れが無く完済していたのなら、例え与信が低くても融資可能になる場合もあります。

 

また、過去に申込をしていて、貸付をしていなかったデータがあれば、なぜその時貸付をしなかったのかを見て、今回融資するかどうかの判断材料にするのです。

 

ちなみに、この時点で20歳未満、65歳以上、住所不定や、無職、学生は審査落ちとなります。下記はお金借りるときに一般的に必須な条件となっています。

  1. 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  2. ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  3. ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方。
  4. * パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方は可、学生の方は不可。
信用情報を照会して事故情報や延滞、負債額をチェック

次に信用情報を照会します。信用情報はJICCとCICが指定信用情報機関に認定されており、この2つ機関は情報を交流しています。

 

そのため、どちらかの信用情報を調べれば借入情報は把握できます。通常のカードローン会社はJICCとCICどちらにも加盟していますので、2つの信用情報を照会されます。

 

ちなみに、事故情報(異動情報)に多少違いがあり、JICCは3ヶ月以上延滞した時点で延滞の異動情報が登録されますが、CICは61日以上延滞で異動情報が登録されることになっています。

 

信用情報ではこの事故情報(異動情報)があるか、ないかと、今現在借りている業者への入金が遅れていないか、そして負債額が基本的に年収の3分の1未満になっているかを見られます。

 

銀行は貸金業者ではありませんが、貸金業法の総量規制を一定の審査基準にしています。そのため、年収よりも負債が多かったり、3分の1以上すでに借金があった場合、審査に落ちる可能性が高いでしょう。

勤務先へ在籍確認の電話をする

信用情報の審査が通った場合、最後の審査になりますが、勤務先へ審査担当社が個人名で電話をして、本当に働いているのか確認をします。

 

これを勤務先の在籍確認と言います。電話の内容は、申込者の苗字で呼び出すだけです。「席を外しています。」や、「本日休みで明日出勤予定です」、また本人が直接電話に出てもOKです。

 

この在籍確認が取れない場合、書面で在籍を証明する必要がありますので、社会保険証や最新の給料明細書が必要になります。電話で在籍確認が取れずに、書面で在籍確認をするかどうかは、審査次第であり、全ての人が書面での在籍確認を受けれる訳ではありません。

銀行カードローン審査は消費者金融よりも厳しくなっています!

お金を借りる審査の流れを紹介しましたが、ぶっちゃけ審査は厳しいのか?と言えば、厳しいです。間違いなく消費者金融よりも審査は厳しくなるでしょう。

 

まず、銀行カードローンには保証会社が必ずついています。イオン銀行の場合だと、イオンクレジットサービス(株)または、オリックス・クレジット(株)の保証会社がおり、どちらかの保証を受けなければ絶対に借りることができません。

 

銀行カードローンの保証会社は1社のところが多い中、イオン銀行は2社の保証会社が付いています。仮にイオンクレジットサービス(株)の審査に通らなかったとしても、オリックス・クレジット(株)の審査に通れば保証は受けられますので、他の銀行カードローン審査よりも若干は有利と言えます。

 

しかし、消費者金融にはそもそも保証会社が付いていません。銀行カードローンの場合は、保証会社の審査と銀行の審査の2つに通る必要がありますが、消費者金融は自社の審査さえ通れば融資が可能となります。

 

この点からも、銀行と消費者金融では審査の厳しさが違います。仮に消費者金融で審査に通らなかった人が銀行に申込しても審査落ちになる可能性が高いでしょう。

銀行カードローンでお金を借りるメリットとは?

銀行カードローンの限度額ごとの金利

貸越極度額

お借入利率

30万円〜90万円

年13.8%

100万円、200万円

年8.8%

300万円

年7.8%

400万円、500万円、600万円

年4.8%

700万円、800万円

年3.8%

銀行カードローンを説明する上で、最も重要なのは、低金利ということです。上の表を見ても分かると思いますが、金利3.8%〜13.8%で、上限金利は13.8%となっていることから、最大でも金利は13.8%以下の低金利カードローンなのです。

 

低金利

そして、限度額30万円〜90万円が金利13.8%となっていますが、それ以外の金利はすべて1桁になっているところがポイントです!

 

13.8%でも充分に低金利となりますが、すごいところは、限度額100万円で、すでに1桁の8.8%で借入が可能というところです。

 

100万円を消費者金融で借りた場合、ほとんどは金利15%の設定になります。銀行カードローンでも限度額100万円で金利が1桁は少なく、それほど低金利ということが、はっきりと言えます。

 

限度額100万円での他社との比較

カードローン

限度額100万円の金利

イオン銀行カードローン

8.8%

みずほ銀行カードローン

12.0%

三菱東京UFJ銀行カードローン

12.6%

オリックス銀行カードローン

9.0%〜14.8%

楽天銀行カードローン

9.6%〜14.5%

消費者金融

15.0%

限度額100万円で金利8.8%

上記の表は限度額100万円の場合のカードローンの金利比較です。多くの人がカードローンを借りる時に設定する限度額は50万円〜100万円が人気です。

 

100万円の限度額の場合、他の有名カードローンと比較しても圧倒的にイオン銀行カードローンは低金利となっています。消費者金融であれば15%の可能性が高く、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などのメガバンクのカードローンでも金利は12.0%〜12.6%の中、イオン銀行カードローンは金利8.8%で借入が可能です!

金利はあくまで限度額で決まりますので、限度額100万円で30万円だけの借入だったとしても適用金利は8.8%となります。その為、銀行カードローンで借りる場合は限度額100万円がお得なのです。

毎月の最低返済金額が低い為、負担が少ない!

銀行カードローンは低金利の為、毎月の返済金額が低く設定してあり、支払の負担が少ないことが特徴です。

 

毎月の最低返済金額が低くしてあることは、利用者にとって非常にありがたいことです。

トップへ戻る