確定拠出年金とは?確定拠出年金への加入が選択できる?

年金手帳

 

今や、公的年金を補うものとして、多くの人が利用している確定拠出年金ですが、その確定拠出年金には「企業型確定拠出年金(DC)」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」があり、そしてDCの中に「選択制確定拠出年金」という年金制度があります。

 

簡単に説明すると年金に加入する、しないを従業員が選択できます。

 

通常のDCは従業員全員の加入、掛金全額の会社負担が原則であるため、DCを導入していない中小企業にとっても、選択制DCは低コストでスタートできることから、採用する企業が増えています。

 

なお、従業員にとっての選択制DCはメリットとデメリットが内在しています。

 

選択制確定拠出年金とは?

選択制DCは通常のDCのように企業自身が掛金を拠出するわけではなく、従業員の給料の一部がDCの掛金とされます。

 

従って、DCとはなっていますが、実態はiDeCoの企業版と言えなくもありません。一定の金額を本来の給料として受け取るか、それとも選択制DCに拠出して老後の年金(退職金)として受け取るかを従業員が決めます。

 

従業員の掛金に関しては、事前に給与を増額する企業もありますが、ほとんどの企業は変更されません。

 

従業員における選択制DCのメリット

従業員が選択制DCに加入するメリットには以下があります。

  1. 税金:iDeCo同様、掛金として拠出した金額については、所得税や住民税の控除の対象となります
  2. 社会保険:掛金として拠出した金額分が給与から減額されるため、社会保険料の算定基準となる標準報酬月額から差し引かれます
  3. 手数料:手数料は会社負担になっています

 

従業員における選択制DCのデメリット

メリットである社会保険料の減額が逆に悪影響を与えることになり、以下のようなデメリットが生じます。

  • 将来受け取れる厚生年金の額(老齢年金)が少なくなります(標準報酬月額が60万5,000円未満の人の場合)
  • 病気やケガにおける補償の額(傷病手当金など)が少なくなります
  • 退職、離職した時の失業給付の額が少なくなります

また、iDeCo同様、60歳まではお金を引き出せません。

 

企業における選択制DCのメリット

企業にとってのメリットには以下があります。

  • 掛金を拠出せずに、企業年金を導入できます
  • 掛金が社会保険上の報酬から差し引けるため、会社負担分も減少します

 

iDeCoとの比較

手数料が会社負担となっている分だけiDeCoよりお得になります。

 

ただ、iDeCoは自分で運用機関を選定できますが、選択制DCは会社が提携している証券会社や銀行を使用することになるため、仮に信託報酬の高い商品ばかりだと、iDeCoの方が有利になります。

 

マッチング拠出との比較

従業員が掛金を拠出するDCには他に、「マッチング拠出」があります。

 

マッチング拠出は通常のDCの加入者が会社の掛金に上乗せする形で、掛金を一定額拠出できる制度です。

 

マッチング拠出も加入者の任意で行えます。なお、自分で掛金の負担をするので、マッチング拠出された金額は選択制DCと同様、全額所得控除の対象になります。

 

ただ、選択制DCとは違い、拠出額が給与から減額されるわけではないことから、社会保険の対象となる標準報酬月額が減らないため、社会保険料は変わりません。

 

選択制確定拠出年金は拠出額分の給与が増えるならまだしも、単に給与を減らして行うくらいなら、iDeCoを利用した方が運用先の選択範囲の広い分、有利と言えます。