SMBCモビットは審査の在籍確認を電話ナシOK!WEB完結について解説

 

SMBCモビットの「WEB完結」というサービスがあります。

 

このWEB完結であれば、審査の在籍確認を電話ナシにすることが可能です。

 

そこではこの記事では、SMBCモビットのWEB完結がどんなサービスなのかを丁重に解説してみました。

 

「SMBCモビットのWEB完結について詳しく知りたい!」という人には、役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

 

SMBCモビットの「WEB完結」とはどんなサービスか?

SMBCモビットのWEB完結は、申し込み〜審査〜借入までのすべての手続をWEB上で完結できるサービスです。

 

審査の連絡などはすべてメールとなり、カードの発行もないため、借入はインターネットからおこないます。

 

このため、電話連絡や郵送物が一切ありません。

 

もちろん、それは在籍確認とて例外ではないため、SMBCモビットのWEB完結なら在籍確認の電話を回避することが可能です。

 

ただし、在籍確認が無いわけではありません!

SMBCモビットのWEB完結は、在籍確認が無くなるわけではないので注意してください。

 

在籍確認の電話はありませんが、「勤め先を確認できる書類」を提出する必要があります。

 

つまり、WEB完結の場合、在籍確認は電話ではなく書類提出という形になるわけですね。

 

このため、在籍確認自体が無くなるわけではありません。

 

WEB完結が利用するためには条件がある!

SMBCモビットのWEB完結を利用するには、以下のすべての条件を満たさないといけません。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座があること
  • 上記の口座をSMBCモビットの振込貨付と口座振替に利用すること
  • 本人確認書類を提出すること
  • 収入証明を提出すること
  • 勤め先を確認できる書類を提出すること

 

気をつけておきたいのが、WEB完結は会社員しか利用できないという点です。

 

なぜなら、WEB完結は「勤め先を確認できる書類」によって在籍確認をしますが、この書類には全国健康保険協会発行の「保険証(社会保険証)」、もしくは「組合保険証」を提出します。

 

こうした書類はアルバイトやパート、派遣社員などの非正社員は用意が不可能です。

 

よって、WEB完結は会社員しか利用できません。

 

SMBCモビットのWEB完結の必要書類と審査の流れ

ここまでの解説で、SMBCモビットのWEB完結については理解してもらえたかと思います。

 

そこでこの章では、WEB完結の必要書類と審査の流れについて、詳しくお伝えしていきます。

 

必要書類はこの3点

SMBCモビットのWEB完結の必要書類は次の3点となります。

  • 本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
  • 収入証明(厳選徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細のいずれか1点)
  • 勤め先を確認できる書類(健康保険証+給与明細)

 

なお、収入証明として給与明細を提出した場合、勤め先を確認できる書類は健康保険証のみでOKです。

 

審査の流れはこんな感じになる

WEB完結の審査は次のように流れになります。

 

1.SMBCモビットの公式サイトから「WEB完結申込」を選択
2.審査〜メールで審査結果の通知
3.審査完了メール内のURLから入会手続
4.入会完了メールの通知
5.会員専用サービス「Myモビ」より振込キャッング

 

これらすべての流れがWEB上で完結しますので、非常にスピーディーな借入が可能です。

 

審査時間は最短30分となっているため、スムーズにいけば1時間程度で借入できるかと思います。

 

ただし、審査対応時間と即日振込の時間は次のようになっているため、その点だけは注意してください。

 

お金借りる即日希望であれば、午前中には申し込み完了しておいた方が無難です。

 

審査対応時間 9:00~21:00
即日振込の時間 平日14:50まで

 

SMBCモビットの審査に落ちてしまう人の5つの特徴

SMBCモビットの審査に通りたいなら、なぜ審査落ちになってしまうのかを知っておくことが重要です。

 

審査落ちの理由を知っておき、それに当てはまらないようにすれば、必然的に審査に落ちる可能性を減らせます。

 

そこでこの章では、SMBCモビットの審査に落ちてしまう人の特徴をお伝えしてきます。

 

SMBCモビットの審査に落ちてしまうのは、以下のような特徴のある人です。

  • 安定した収入源がない
  • 信用情報に延滞記録がある
  • 他社借入額と件数がかなり多い
  • 総量規制に引っかかっている
  • 過去に金融事故を起こした

 

安定した収入源がない

安定した収入源がない人は審査落ちになる可能性が高いです。

 

ここで言う安定した収入源とは、「毎月継続して収入を得ているか?」という部分になります。

 

SMBCモビットの審査で最も重視されるのが収入の継続性です。

 

なぜなら、収入に継続性がないと人は、返済途中でお金が返せなくなってしまう可能性があるからです。

 

このため、毎月収入がないと審査に通るのは難しいと思っておきましょう。

 

ただし、毎月継続して収入があるのであれば、アルバイトやパートなどでも問題ありませんので、この条件をクリアするのは決して難しくありません。

 

ようは、月に1回何らかの手段で収入があれば良いんですね。

 

信用情報に延滞記録がある

信用情報に延滞記録がある人は審査に通りにくいです。(信用情報=クレカやローンの利用記録)

 

クレジットカードやローンなどの返済期日を守らないと、信用情報に延滞記録が残ってしまいます。

 

SMBCモビットは審査では、過去の返済履歴を確認されますので、延滞記録があると審査落ちの原因になる可能性が上がります。

 

よって、以下のような返済は必ず期日どおりにしなくてはいけません。

  • クレジットカード
  • 住宅ローンやマイカーローンなどの各種ローン
  • カードローン・キャッシング
  • 携帯電話の本体分割払い

 

他社借入額と件数がかなり多い

他社借入額と件数が多い人ほど、審査落ちの可能性が高まります。

 

SMBCモビットは審査では、以下のような他社借入の金額や件数をチェックされ、「あとどれくらいなら融資しても大丈夫か?」という部分の目安にされます。

  • カードローン・キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • フリーローン

 

このため、これらの借入額や件数が多いと、「これ以上の融資は危険」と判断され、審査落ちになりやすいです。

 

他社借入がどのくらいあると審査落ちになるかは一概には言えませんが、

  • 借入額は年収の1/3以上
  • 借入件数は3〜5件以上

 

が危険とされていますので気をつけてください。

 

総量規制に引っかかっている

総量規制に引っかかっている人は100%審査に通りません。

 

SMBCモビットは貸金業者であるため、総量規制の対象になり、年収の1/3までしか借入ができません。

 

この年収の1/3までというのは、他の貸金業者の借入を含めてになるため、次のような借入が年収の1/3に達している場合、審査落ちは確実です。

  • 消費者金融や信販会社のカードローン・キャッシング・フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

 

また、年収の1/3に達していなくても、それに近い金額を借入していると審査落ちしやすくなります。

 

過去に金融事故を起こした

過去に「金融事故」を起こした人の場合、その情報が信用情報に残っていると、審査に通る見込みはほとんどありません。

 

金融事故とはおもに以下の4つを指し、クレジットカードやローンで返済不能になった際に記録されます。

  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 長期延滞
  • 代位弁済
  • 強制解約

 

このような金融事故を起こした人は、返済能力に問題があることがほとんどですので、SMBCモビットから融資対象として見てもらえません。

 

よって、金融事故の記録が信用情報にある5年〜10年の期間内は、審査に通るのが非常に困難です。

 

SMBCモビット審査は電話連絡もなし?まとめ

SMBCモビットのWEB完結であれば、申し込み〜審査〜借入までのすべてをネット上で完結可能です。

 

このため、電話連絡や郵送物が一切ないというメリットがあります。

 

そうしたことから、審査で不安な会社への電話も回避できるため、「在籍確認の電話をなんとか避けたい!」という人には最適なサービスとなっています。